生命力を蓄えるためにいろいろなフードを

生命力を蓄えるためにいろいろなフードを

生命力を蓄えるためにいろいろなフードを

人間に食べ物の好みがあるように、猫にもキャットフードの好みがあります。私は2匹の猫を飼っていますがそれぞれに好みが違います。
1匹はいつも同じフードばかり食べています。「銀のスプーン」というカリカリがお気に入りで、他のものも食べないわけではないのですが、「銀のスプーン」は栄養総合食ですし、私としても楽ちんなので、同じものばかり食べさせています。

 

もう一匹は昔からいろいろなものを食べたがります。グルメといえばグルメですが、飽きっぽいのかもしれません。同じフードが何日か続くと「他のをちょうだい」とせがみ、何も食べなくなります。それで、甘いとは思いますが、何種類ものキャットフードを用意し、その時々でいろいろなフードを食べさせています。ドライフードが主ですが、2,3日に一度は缶詰も食べています。

 

先日、2匹そろって病気になりました。うつしあったらしく、2匹とも食欲をなくしてぐったりとしていました。猫は体を悪くすると自然治癒のために食べないものですが、それでも心配です。

 

2匹そろって丸一日絶食をした翌日、私はごはんよと猫たちを呼びました。1匹には定番の「銀のスプーン」、いつもどおりのものを出しました。いろいろ食べるほうの猫には、普段は出さない「モンプチ」の缶詰を開けてやりました。2匹はよろよろと起きてきましたが、食べたのは、いろいろ食べるほうの猫だけでした。体調は良くないものの、めったにないご馳走が嬉しかったのでしょう。病気の快復も、食べた猫のほうが早かったです。
キャットフードの基礎知識をとりあえずはしっかりと身に付ける事が大切です。

 

>>キャットフードおすすめナビ


ホーム RSS購読 サイトマップ