オペ室看護師とは

オペ室看護師とは

オペ室看護師とは

看護師と言えばどのようなイメージでしょうか?
一般的に看護師は医師の傍で患者の診察のサポートをするような業務がイメージされやすいですが、それ以外にもオペ室看護師などの仕事もあります。
オペ室看護師とは、医師の手術をサポートする業務です。
手術時の介助はもちろんの事、手術に使用する医療器具の準備や後片付け、そして手術を受ける患者の不安を軽減したり、術後のケアなども行います。
手術の日程調整や日帰り手術の場合であれば外来との連携も行います。
このようにかなり責任のある業務ですが、ある程度の経験を経てオペ室看護師を希望して転職をする人もいるように、看護師を目指す人や看護師の中でもオペ室看護師を目指す人は少なくありません。


ホーム RSS購読 サイトマップ